賃貸併用住宅を建てるなら立地を考えなくてはならない

婦人

最新記事一覧

堅実な賃貸経営とは

住宅

自宅を解体して賃貸併用住宅を建築する場合には、地域の需要を考えながら、最適な建築プランを構築するべきです。オーナーの居住用スペースは、老後も快適に暮らせる設計にするのがポイントであり、子供や孫のことも考えてプランを選ぶのが理想的です。

自宅を利用して賃貸経営

男性

賃貸併用住宅は、賃貸住宅とオーナーの居住部分が一体化した建物です。一定の要件を満たせばローンの金利が低くなるほか、家賃収入によって月々の返済も楽になります。老後の生活資金確保という面からもメリットがあります。

負担を軽くできる住宅

お家

賃貸併用住宅は近年注目されているジャンルです。現在の金銭的負担を減らせると共に、将来に備えることができます。さらに変改し続けるライフスタイルに合わせて活用することも可能です。賃貸併用住宅の特徴をしっかり理解して購入しましょう。

住宅とその建て方

つみき

戸建て住宅を建設する場合、通常は個人や家族で住むために家を建てる。しかし、大きめの家を建て、一部の部屋を賃貸として貸し出すという方法もある。これらの住宅を賃貸併用住宅と呼び、個人で住む部屋と貸し出す部屋を合わせて建てる方法になる。賃貸併用住宅では、個人で住むスペースと貸し出す部屋を同じ建物に用意することになる。1つの建物として建設することになるため、別々に建てることに比べ低コストで建設できることが魅力にある。また、一部の部屋の貸し出しを行うことで、家賃収入が得られるようになる。家賃収入を得ていくことで、ローン返済の手助けに出来たり、収益を上げられることも賃貸併用住宅のメリットになっている。賃貸併用住宅では、比較的広い土地と大きめの建物建設が必要になる。その為、初期投資額は大きくなる。これらの問題をクリアできる場合には、賃貸併用住宅を選択すると良い。また、賃貸併用住宅では他人が住むことになるため、プライバシー確保なども重要になる。出入り口を個人の住居用と完全に分けることや、相互に干渉しあわない工夫を行いながら建設することも重要になる。都市部などでは、賃貸物件の需要が高いことが多く、賃貸併用住宅を利用することで、常に家賃収入を得ていけることもある。その為、賃貸に対する需要状況を確認した上で、賃貸併用住宅を建てるか否かを検討することがポイントになる。これから、戸建て住宅を建てようとするのであれば、選択肢として選ぶと良い。