人気の高い多肉植物の種類【みんなの育て方も参考にしよう】
ロゴ

葉や花も特徴的な多肉植物~育て方にも個性がある~

多肉植物の手入れに必要なアイテム

多肉植物は手入れがほぼいらないので、このアイテムが必要ということはありません。埃をかぶった時に取り除くことができるミニはたきと、乾燥している時にシュッとふきかけられる霧吹きは準備しておくことをおすすめします。

人気の高い多肉植物の品種TOP5

多肉植物
no.1

葉の形が美しいエケベリア種

葉が、バラの花のように整っており、肉厚のぽってりとした雰囲気と色合いが多彩なところが人気の多肉植物です。プリーツが寄った葉などバラエティ豊かであるため、エケベリアを中心にコレクションしている方も多いほどです。

no.2

子宝が魅力なカランコエ種

ユニークな形の葉が多く、色もバリエーション豊か。咲き誇る花もカラフルであるため、多くの愛好者がいます。葉から子葉が出る「子宝」にあやかれる品種も存在しています。

no.3

ユーモラスなコーデックス類

茎や根が極端に肥大した多肉植物をまとめてコーデックス類と言います。ユーモラスな形であるため、寄せ植えよりも単体で楽しむことができます。

no.4

群生葉が魅力なセダム属

ぷっくりと丸みを帯びた小さな葉が群生しているのが特徴です。寄せ植えなどで存在感を発揮します。どんな気候でも育ちやすいため、初心者にもおすすめです。

no.5

代表的多肉植物・サボテン

多肉植物の入り口として多くの方が選ぶ種類です。サボテンと一口に言っても、さまざまな形のものが多く、寄せ植えなどで育てている方も多く見られます。

人気の高い多肉植物の種類【みんなの育て方も参考にしよう】

多肉植物

多肉植物の植え替え方法

多肉植物はゆっくりながらも大きく育つ植物です。葉が増えてきた場合は植え替えをします。植木鉢からゆっくりはずし、根を丁寧にほぐしながら大きな鉢に植え替えます。根腐れの原因となりますので、乾いた土を使うことがポイントです。

多肉植物

寄せ植えとは?

寄せ植えとは、一つの鉢に複数の多肉植物を植える方法です。レイアウトを考えて配置することや、流木や砂、動物のフィギアなどを配置する楽しみ方もあります。植木鉢にとらわれず、ブリキの缶や深めの皿など思い思いの鉢に寄せ植えをするとかわいく仕上がります。

園芸用品

水やりのポイント

多肉植物は、大気中の水分を葉に取り込みます。また根や葉そのものに保水力がありますので、水はあげずとも育ちます。気になる場合は2週間に1度程度の間隔で霧吹きで遠くからひと吹き程度、水を与えましょう。少ないかも、と思う方もいるかもしれませんが、それで十分です。

自宅で多肉植物を育てている人の声

園芸用品

花が咲くのが楽しみです

サボテンを育てています。金鯱のてっぺんに花芽が出てきたため、花が咲く日を心待ちにしています。ここまで育てて良かったです。

寄せ植えを楽しんでいます

複数の多肉植物を取り寄せて、雑貨屋さんで購入できるような寄せ植えを作っています。このところバザーに出品したら、あっという間に完売したのでこれからも作っていきたいです。

コレクターとなりました

ネットショップで珍しい多肉植物が入荷されたら取り寄せるまでになりました。日本では珍しい多肉植物も多いため、育てる楽しみが増してきました。

ハンギングに寄せ植えしています

ハンギングバスケットに多肉植物を寄せ植えしました。グリーンネックレスが伸びてきて簾のようになってきたのがとても可愛いです。

葉差しで子供を増やしています

育て方の一つで、葉差しで子供を増やしています。葉の根元から小さな株ができてくるところが可愛くて気に入っています。

広告募集中